写真やネガをデジタル化してみよう

今はスマホやデジカメで、SDカードに写真がなんてことが当たり前になりました。しかし、もっと以前はカメラでネガやもしくは印刷した写真としてアルバムに保管してい他のが当たり前でした。

そんな写真も実はデータとして、保管できます。

デジタル化社会の波に乗って、データとして保存していきませんか。

写真もそのままは危ない!だんだんと思い出がなくなる

写真もアルバムに入れて、大事においているから大丈夫と思っていませんか。久々に開いてみたら、色が褪せている、またなんかカビがついてるなんてことありませんか。

これではせっかくの思い出もだいなしです。こればっかりは仕方ないと思ってもいけません。

日本だと高温多湿になりやすく、写真の保存に必ずしも適していません。湿度も高くなるとやはり写真も痛んでしまいます。
また、ホコリなどとつくとそれがもとでカビが出ることもあるのです。

また私たちが写真に触れることで、指先の脂分がついたりして、やはりこれがもとでカビが出ることもあるのです。

いくらクローゼットやタンスにいれておいても、いつ何かしらのきっかけで、いきなり劣化していくので、写真を印刷しての保存は実はよくないのです。

いつまでもキレイにしておきたいときにはデータにする

やはりいつまでもキレイにしておきたい
それをみたいとなると、デジタル化社会なので写真もはやいうちからデータにすることがオススメです。

今すでにプリントにした写真はもちろん、ネガも写真屋はもちろん、専門のお店へ持っていくとそこでデータにして、CDに焼いてくれたりするのです。

そうすればあとは、CDのファイルをSDカードに移せば、あとはコンビニのコピー機で印刷も可能です。
また、データにしておくと、それをクラウドサービスにあげることでバックアップもしやすくなるのです。

しばしば大雨やまた地震など災害が発生しています。そんなときにやはり思い出の写真がダメになってしまい、残念がっている声もしばしば聞かれます。写真の保存だと予期せぬ災害時に対処できません。

それも踏まえて、あらかじめデータにすることができれば、万が一の時にも残していけるのです。

技術が進歩しておりデータにすることで復活

さらに今だとただデータにするだけでなく、データにするときに写真の状態を改善できる場合もあります。
たとえば、色褪せた写真の色をデジタル加工して、色鮮やかに戻すことも可能です。ときには、かけた部分を再現することもあります。

ぼやけた輪郭などをくっきりとさせるなどして、見やすくさせるなんてことができるケースもあります。
写真を復活させると言うわけです。

デジタル化社会では、プリントした写真もデータにして保存する方が、得することが大きいのです。